熊本バス1376,元関東バスB6013

元関東バス車両「その後」追跡調査

熊本へ渡った関東バス車両(熊本バス・熊本都市バス編)



2017(平成29)年2月に熊本で新規登録された元B6013。
熊本バスで第二の活躍を開始した。
 
熊本バス「1376」(元B6013) 熊本市民会館(市民会館シアーズホーム夢ホール)前 2017.3.12
(画像提供:kmbdt926様)



元関東バスの車両が熊本で見られるようになったのは2015(平成27)年から。
熊本電気鉄道へ移籍した元E338「KK-RM252GAN改」を皮切りに、 熊本都市バスや熊本バスへ事業者間移籍が複数発生した。

このたび2017(平成29)年2月に元6000代が追加で熊本バスへ移籍したことも含めて、 熊本市内で元関東バスを見られる機会が徐々に増加している。

熊本で第二の活躍を開始した元関東バスについて、 ご提供頂いたkmbdt926様の情報を基に専用ページ化したので、 早速ご確認頂きたい。


※当ページ制作に際しては、 kmbdt926様より多大なるご協力を頂きました。 この場を借りて深く御礼申し上げます。



■関東バス元B6013→熊本バス「1376」


熊本バス1376(元関東バスB6013) '17年2月に新規登録された熊本バス車両は、
早速運用を開始した。 画像は元B6013のサイドビュー。

熊本バス「1376」(元B6013) 熊本市民会館(市民会館シアーズホーム夢ホール)前 2017.3.12
(画像提供:kmbdt926様)


元関東バス車両の熊本バスへの事業者間移籍は2016(平成28)年に始まり、 2017(平成29)年3月現在では
元330代「KK-RM252GAN改」の3台(元E343,B344,E345)と、 元6000代「KL-JP252NAN改」のB6013が第二の活躍を始めている。

熊本バスへの移籍に際して側窓への横引きカーテンの追加が行われたほか、 既存のLED行先表示器は撤去されて中扉に近い位置へ新たなLED行先表示器が新設されたが、 その他はほぼ原形を留めており種車の特定は比較的容易である。

この「1376」は17年2月に熊本ナンバーで新規登録され、 熊本交通センター発着の路線を中心に運用を開始している。



■関東バス元E343,B344,E345→熊本バス「1330,1274,1268」



熊本バス1274(元関東バスB344) 元関東バス330代の3台が熊本バスへ移籍している。
画像は元B344で、 熊本中央営業所に所属している。

熊本バス「1274」(元B344) 辛島町 2015.6.22
(画像提供:kmbdt926様)


2015(平成27)年12月に関東バスから除籍となった元B344「KK-RM252GAN改」が熊本バスへ事業者間移籍を果たし、 (熊本200か12-74)の登録ナンバーを取得して第二の活躍を始めている。

熊本バスへの移籍に際して側窓への横引きカーテンの追加が行われたほか、 LED行先表示器の取り替えが行われたが、 その他はほぼ原形を留めており種車の特定は比較的容易である。

このほか
元330代では、 元B344と同時納車の元E345(熊本200か12-68)が先に熊本バスへの移籍を果たしている。
関東バス時代にはB→A→E345と、 武蔵野営業所から阿佐谷営業所を経由して五日市街道営業所へ転属し、 一時は袂を分かちぬ2台だったが、 再び同僚として再会したことになる。

熊本バスでは主に熊本交通センター発着の路線に充当され、 江津団地経由クレア、イオンモール熊本、御幸木部間などで活躍する姿が見られる。





■関東バス元E340→熊本都市バス「1238」



熊本都市バス1238(元関東バスE340) 元関東バス車両が熊本で見られるようになったのは15年のことだ。
画像の熊本都市バスのほか、 現在では熊本電鉄、熊本バスの3事業者で元関東バス車両を見ることができる。

熊本都市バス「1238」(元E340) 熊本交通センター 2015.10
(画像提供:kmbdt926様)
熊本都市バス1238リア(元関東バスE340) 熊本都市バスへ移籍した元関東バス車両は、
リア面のLED行先表示器が大型のものに交換された。

熊本都市バス「1238」(元E340) 熊本交通センター 2015.10
(画像提供:kmbdt926様)
熊本都市バス1238サイドビュー(元関東バスE340) 「1238」の左側面サイドビュー。

熊本都市バス「1238」(元E340) 熊本交通センター 2015.10
(画像提供:kmbdt926様)


元関東バス車両の熊本での活躍が増えてきているが、 最初期に熊本へ移籍したのは熊本電気鉄道へ移籍した元E338(熊本200か12-33)と、 画像の熊本都市バスの元E340(熊本200か12-33)である。

熊本都市バスへの移籍に際しては塗色変更のほかLED行先表示器の取り替えが行われ、 リア面は前面と同様の大型LED表示器へ変更されたが、 内装はほぼ原形を留めているなど、 大規模な改修は行われていない模様である。

熊本都市バスの車両は、 熊本バスや熊本電気鉄道の車両と共に熊本交通センターへ頻繁に姿を見せ、 元関東バス車両同士の共演が見られる。


■熊本で活躍する元関東バス車両の情報の詳細については


→BUS画像館熊本

※情報をご提供頂いたkmbdt926様のブログです。 熊本をはじめ九州で活躍するバスや、 元関東バス各車両の詳細情報が1台ずつ丁寧に解説されていますので、 ぜひご覧ください。

※関東バスから移籍した熊本バス・熊本都市バス・熊本電気鉄道車両に関して、 今後も引き続き情報をお待ちしております。






←EXIT


関東バス・アーカイブス「味わい」では、関東バスを除籍となり第二の活躍をする車両の写真を幅広く募集しております。
画像や情報のご提供については情報提供のページからよろしくお願いします。



関東バス・アーカイブス「味わい」 | 除籍車両の追跡調査まで戻る


※当ページに掲載の写真は全て、特別に許可を得て撮影しております。
※画像の著作権は撮影者に帰属します。また画像や当サイトの資料を無断使用することや二次加工を一切禁止します。
※画像は著作権保護のための処理を行っております。

Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is strictly prohibited.
Copyright(c)Ajiwai. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system