関東バス形式解説
300代(301〜305)「U-RM210GSN」
関東バスE305型式写真
E305「U-RM210GSN:1995(平成7)年式」 五日市街道営業所 2008.4.6
(画像提供:6621様)


1994(平成6)年1月、主に烏01(烏山〜久我山病院)で使用されてきた旧100代「K-RM80G」の代替として登場し、 300代が付番された。

300代の型式は「U-RM210GSN」で「RM」となっているが、 300代置き換え前に主に烏01で活躍していた旧100代も「RM」を名乗っていたほか、 五日市街道に配属されていた旧100代5台を300代5台で置き換えており、名実共に旧100代の後継車種である。

前後扉などの基本的な構成はほぼ200代「U-RP210GAN改」と変わらないが、 200代の各部寸法を詰めた形となっており、 新たに富士重工R18系車体(8E)といわれる車体となった。 側窓の割付や車幅を見ると差異が確認できた。

300代は主に烏01で使用された他、 200代に代わり荻51(荻窪駅〜荻窪団地)でも中心的に使用された。

300代は1993(平成5)年度式の2台「E301,E302」が2006(平成18)年12月に除籍となったほか、 1995(平成7)年度式「E303〜E305」が2008(平成20)年6〜7月にかけて「E354〜E356」へ置き換えられたため関東バスでは型式消滅したが、 「E301,E302」は大島旅客自動車へ移籍、「E305」は茨城オート(現:茨城交通)に移籍し、 今でも活躍する姿を見ることができる。


関東バスE304リア画像 E304 (リア・右側面) 
五日市街道営業所 2008.4.9


DETAILS

E305フロント正面
(画像提供:6621様)
E305リア正面
(画像提供:6621様)


→300代の車両配置表はこちら




関東バス・アーカイブス「味わい」 | 関東バス車両・廃型式編まで戻る

←EXIT 関東バス・アーカイブス「味わい」トップへ戻る

画像の著作権は撮影者に帰属します。画像の無断使用や二次加工を禁止します。
画像は著作権保護のための処理を行っております。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is strictly prohibited.
Copyright(c)Ajiwai. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system