関東バス型式解説 710代

「SKG-KR290J2」


関東バスD711型式写真

フルモデルチェンジとなった日野(新)ブルーリボンの中型車版として、 16年5月6日から発売開始の日野(新)レインボーが関東バスにも登場した。

D711「SKG-KR290J2」
新井中野通り(新井交差点) 2016.12.14
(Photo:Ajiwai)


■日野レインボーのフルモデルチェンジ車が遂に登場。

いすゞ自動車では2015(平成27)年8月18日からいすゞ(新)エルガを発売、 日野自動車からも(新)ブルーリボンとして同年9月1日から新モデルが発売開始となり、 関東バスではそれぞれ1900代,7200代として納車された。 一方、これらの中型車についてもフルモデルチェンジを実施、 いすゞ自動車からは(新)エルガミオが2016(平成28)年4月5日より発売を開始されたほか、 日野自動車からは(新)レインボーが同年5月6日より発売開始となった。

関東バスでは日野(新)レインボーが先に投入され、 新区分番台:710代として丸山営業所へD711の1台が2016(平成28)年10月18日に到着した。

710代は、 メーカー仕様はAMT(自動変速式マニュアルトランスミッション)のみ選択可能となり、 アリソン社製のAT(オートマティックトランスミッション)は設定されなかったため、 結果として関東バスで初となるAMT仕様車となった。

タイヤハウス部分に設置される燃料タンクは、 メーカーオプションの右側となっている。

2016(平成28)年12月1日現在ではD711の1台のみの存在で、 平日朝のみ設定される中13「中野駅~新井薬師前駅」に重点的に使用されるほか、 宿02「新宿駅西口~丸山営業所」や 池11「池袋駅西口~中野駅」の運用実績もある。




形式写真

関東バスD711形式写真リア D711「SKG-KR290J2」
フルモデルチェンジした日野レインボー。右タンク仕様で導入された。
中野駅北口 2016.12.14
(Photo:Ajiwai)




DETAILS

D711フロント正面
D711リア正面
D711サイドビュー(左側面)
D711サイドビュー(右側面)



→710代の車両配置表はこちら


関東バス・アーカイブス「味わい」 | 関東バス車両・現有車両編まで戻る

←EXIT 関東バス・アーカイブス「味わい」トップへ戻る

画像の著作権は撮影者に帰属します。画像の無断使用や二次加工を禁止します。
画像は著作権保護のための処理を行っております。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is strictly prohibited.
Copyright(c)Ajiwai. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system