関東バス形式解説
5000代「KL-UA452PAN」
関東バスB5001型式写真
B5001「KL-UA452PAN」 三鷹駅北口 2009.10.21

1990(平成2)年6月18日より都営バス杉並自動車営業所 (現:小滝橋自動車営業所杉並支所)と関東バス武蔵野営業所の共同で運行を開始した深夜中距離バス(銀座→三鷹駅北口)であるが、 2000(平成12)年12月12日の都営大江戸線全通による都営バスの大規模改変により都営バスが撤退した後は関東バス単独での運行となり、 既存の武蔵野所属車1台と都営バスより譲渡の車両「日野セレガ:元D-W077→W097→関東バスへ移籍→229」を加えて運行を続けていた。

そこへ2003(平成15)年4月に5000代「KL-UA452PAN」が2台(B5001,B5002)登場し、深夜中距離バスの体質改善が図られた。

5000代はワンステップ一般路線車と同様の車体ながら補助席付きのハイバックシート、 T字窓、観光バス仕様塗装となっているのが特徴で、 富士重工が事業撤退により車体架装を終了したために西日本車体(96MC B-T)での登場となった。

翌2004(平成16)年には、B5001,B5002の投入で予備車となっていた先述の元都営バス車両「練馬ナンバーから多摩ナンバーへの変更('03年4月)に伴い、 社番も229→628へ変更」の老朽廃車に伴い追加でB5003が投入され、現在は計3台の陣容となっている。

5000代は中扉付きで一般路線にも投入可能な仕様となっていることから、 深夜中距離バスのほかに間合いで日中は鷹34(三鷹駅〜急行〜武蔵野大学)でも使用されるようになった。


関東バスB5001リア画像 B5001 (リア・右側面) 
三鷹駅北口 2009.1.28
関東バスB5001、B5002登場当初の並び画像 5000代登場当初の並び。
B5001(左),B5002(右) 武蔵野営業所 2003.6.1
関東バスB5002深夜中距離バス充当時 本来の活躍の場である深夜中距離バスで運用される5000代。
B5002 新宿駅西口 2011.6.7

関東バスB5003形式写真 関東バスB5003リア画像 写真左:B5003
2004(平成16)年式はクーラーが小型化された。
三鷹駅北口 2009.2.13

写真右:B5003 (リア・右側面) 
三鷹駅北口 2009.1.28


DETAILS

→B5001フロント正面
→B5001リア正面
→B5001サイドビュー(左側面)
→B5001サイドビュー(右側面)



→5000代の車両配置表はこちら




関東バス・アーカイブス「味わい」 | 関東バス車両・現有車両編まで戻る

←EXIT 関東バス・アーカイブス「味わい」トップへ戻る

画像の著作権は撮影者に帰属します。画像の無断使用や二次加工を禁止します。
画像は著作権保護のための処理を行っております。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is strictly prohibited.
Copyright(c)Ajiwai. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system