関東バス形式解説
2200代(2201〜2210)「PKG-AA274KANRN」
関東バスC2201型式写真
エアロスター-S市販第一号車として納入されたのが関東バスC2201である。
C2201「PKG-AA274KANRN」 吉祥寺駅北口 2013.9.7


2005(平成17)年排ガス新長期規制に適合した1200代「日産ディーゼルRA:PKG-RA274KAN」が関東バスには2006(平成18)年7月より導入が開始されているが、 日産ディーゼルからOEM供給を受けた「三菱エアロスター-S:PKG-AA274KANRN」が2007(平成19)年5月21日より発売開始となり、 その第一号納入車として2007(平成19)年5月24日に投入されたのが2200代C2201である。

2200代は大型の三菱車を多数保有する青梅街道営業所に集中配置され、 2007(平成19)年度はメーカー納入第一号車であるC2201のみであったが、 2008(平成20)年度にはC2202〜C2210が登場し一気に導入が進み、 計10台が配置されたところで投入が終了となった。

日産車からのOEM供給であることにより1200代と外観上の違いは全く見られないが、 2007(平成19)年度導入のC2201と2008(平成20)年度導入のC2202〜C2210では投入年次の違いによる差異が各所に見られ、 前面社紋の復活、Non Step Busのロゴをカタカナに変更、リア面のコンビネーションランプを汎用型に変更、ナンバー取り付け台座の簡素化、 乗降中表示に車椅子対応中の表示を追加などが変更点として挙げられる。

2200代は荻10,西50(荻窪駅〜下井草駅,西荻窪駅〜井荻駅)への使用頻度が相当高いが、その他
荻12,荻32,荻34,荻36,(荻30)(荻窪駅〜井荻駅,武蔵駅駅,北裏,南善福寺と関連する出入庫路線)、
西02,西03,西10,(西10,吉80)(西荻窪駅〜上石神井駅,大泉学園駅,吉祥寺駅と関連する出入庫路線)でも運用されている。



関東バスC2201リア画像 C2201 (リア・右側面) 荻窪駅北口 2008.10.15

形態分類

関東バスC2206形式写真 関東バスC2202リア画像 写真左:C2202「PKG-AA274KANRN」
2008(平成20)年式である2202から前面社紋が復活した。
荻窪駅北口 2009.11.2

写真右:C2202 (リア・右側面)
2007(平成19)年式とはディテールが異なる。
荻窪駅北口 2013.2.11


DETAILS

C2201フロント正面
C2201リア正面
C2201サイドビュー(左側面)
C2201サイドビュー(右側面)



→2200代の車両配置表はこちら




関東バス・アーカイブス「味わい」 | 関東バス車両・現有車両編まで戻る

←EXIT 関東バス・アーカイブス「味わい」トップへ戻る

画像の著作権は撮影者に帰属します。画像の無断使用や二次加工を禁止します。
画像は著作権保護のための処理を行っております。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is strictly prohibited.
Copyright(c)Ajiwai. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system