関東バス型式解説
2100代「KL-MP37JK, PJ-MP37JK」

関東バスC2101型式写真
C2101「KL-MP37JK」 下井草五丁目 2014.1.8

1996(平成8)年度に2010代「KC-MP337K」が投入されてから約5年、 三菱の大型ノンステップ車の導入が開始され、新たに2100代が付番された。

この2100代も1996(平成8)年度に導入した2010代と同様に三菱純正の車体を架装し、 ノンステップ車のため塗り分けは他車種と同様に変更されている。 C2110以降は2004(平成16)年排出ガス新短期規制適合車「PJ-MP37JK」となり国土交通省認定標準仕様で登場し、 非常口直後の窓が小さくなった他、C2122以降はリア窓直下のテールランプが省略されるなど投入年次により若干差異がある。

2100代は2006(平成18)年までに26台が製造され、全てが青梅街道営業所に所属している。

2100代は3200代「P-U32K」,3400代「U-UA440HSN」,5100代「U-UA440LSN」を徐々に置き換え、 青梅街道営業所における汎用車としての地位を確立している。

一時期は2100代が荻31,荻40「荻窪駅〜プロムナード荻窪,立教女学院」には使用されない状況も見られたが、 青梅街道管内の3扉車が全廃となった2011(平成23)年10月以降は、 普段から荻31,荻40にも使用されるようになり、 管内全ての系統で運用されている。


関東バスC2101リア画像 C2101 (リア・右側面) 
2008(平成20)年に車体更生済。
西荻窪駅北口 2013.10.22

形態分類
関東バスC2110形式写真 関東バスC2110リア画像 写真左:C2110 「PJ-MP37JK:2005(平成17)年2月製」
2110〜は国土交通省標準認定仕様車。
南善福寺 2009.3.9

写真右:C2110 (リア・右側面)
2106〜はリア面に広告枠が追加されている。 
南善福寺 2009.3.9
関東バスC2125形式写真 関東バスC2125リア画像 写真左:C2126 「PJ-MP37JK:2006(平成18)年9月製」
2122以降は2100代最終グループとなる。画像のC2126がラストナンバー車。
荻窪駅北口 2010.10.15
   
写真右:C2126 (リア・右側面)
最終グループのC2122〜C2126はテールランプが一部省略された。 
荻窪駅北口 2009.3.9


DETAILS

C2101フロント正面
C2101リア正面
C2101サイドビュー(右側面)

C2122フロント正面
C2122リア正面
C2122サイドビュー(左側面)
C2122サイドビュー(右側面)



→2100代の車両配置表はこちら




関東バス・アーカイブス「味わい」 | 関東バス車両・現有車両編まで戻る

←EXIT 関東バス・アーカイブス「味わい」トップへ戻る

画像の著作権は撮影者に帰属します。画像の無断使用や二次加工を禁止します。
画像は著作権保護のための処理を行っております。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is strictly prohibited.
Copyright(c)Ajiwai. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system