関東バス型式解説 1950代

「QPG-LV290Q1」


関東バスB1952型式写真

フルモデルチェンジとなったいすゞ(新)エルガの長尺版が関東バスにも登場、 1950代が付番された。

B1952「QPG-LV290Q1」
三鷹駅北口 2016.12.28
(Photo:Ajiwai)


■1900代に引き続き、いすゞ(新)エルガの長尺版が新たに登場。

いすゞ(新)エルガのB1901~B1903が2015(平成27)年12月から翌年1月にかけて武蔵野営業所へ到着、 その後2016(平成28)年9月7日には阿佐谷営業所へA1904,A1905が投入されるなど、 1900代の投入が本格化したばかりだが、 2016(平成28)年10月27日には1900代の長尺版となる1950代が武蔵野営業所に登場した。

1950代については、 アリソン社製のAT(オートマティックトランスミッション)を採用、 重量車の平成27年度燃費基準より+5%達成ということで、 排出ガス識別記号は1900代の「QDG-」とは異なり「QPG-」車となった。

今回一連のモデルチェンジ車では、 前輪のタイヤハウス部分に燃料タンクが設置されるが、 1950代ではB1901~B1903に引き続き特注となる右側タンク仕様を選択、 運転士直後の座席が無いタイプとなっている点が特筆される。 この右タンク仕様を選択したことに関連して、 給油口のある右側面の一番前方と次位の側窓が2連で固定窓となっているため、 これが外観上の大きな特徴となっている。

ちなみに統合車種となる日野(新)ブルーリボンのD7201~D7206「QDG-KV290N1」は、 B1901~B1903,B1951~B1954と同じ右タンク仕様、 しかし阿佐谷営業所へ投入されたA1904,A1905や丸山営業所へ追加導入されたD7207,D7208はメーカー標準の左タンク仕様となるなど、 任意にタンク配置が選択されているのが特徴的だ。

この1950代は中扉以降の座席が1-1-1-2-5席となるラッシュ型の「15標準仕様ノンステップバス」に適合している。

'16年末時点ではB1951~B1954の4台が在籍中だが、 1950代は車体長が11.13mもありホイールベースが6.0mと非常に長いことから、 充当される路線に限定がかけられるのか、 それとも汎用車両として今後多く増備されるかについて推移が気になるところだ。




形式写真

関東バスB1951形式写真 B1951「QPG-LV290Q1」
1900代の長尺版として登場した1950代。
運用開始から間もなく、季節外れとなる大雪の洗礼を受けた。
三鷹駅北口 2016.11.24
(Photo:Ajiwai)
関東バスB1951リア画像 B1951 (リア・右側面) 
武蔵野へ先に投入されたB1901~B1903と同様、特注の右側タンク仕様となった。 
武蔵野営業所 2016.12.28
(Photo:Ajiwai)
関東バスB1952コックピット B1952 (コックピット) 
関東バスフレンドまつり時に公開されたB1952のコックピット。
アリソン社製のAT仕様であることが判る。
武蔵野営業所 2016.10.30
(画像提供:阿03の人様)




DETAILS

B1951フロント正面
B1951リア正面
B1951サイドビュー(左側面)
B1951サイドビュー(右側面)


→1950代の車両配置表はこちら


関東バス・アーカイブス「味わい」 | 関東バス車両・現有車両編まで戻る

←EXIT 関東バス・アーカイブス「味わい」トップへ戻る

画像の著作権は撮影者に帰属します。画像の無断使用や二次加工を禁止します。
画像は著作権保護のための処理を行っております。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is strictly prohibited.
Copyright(c)Ajiwai. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system