元・関東バス車両の追跡調査
茨城交通へ渡った関東バス車両 2014

茨城交通,元関東バスA1511水戸駅
元関東バス1510代は茨城交通へ移籍してから5年が経過しようとしている。
'12年度には一部を除いてLED化されるなど、時代に合わせた仕様変更も見られる。 
「1035」元A1511 水戸駅北口 2014.9.10
(画像提供:練馬急行様)



茨城交通では2009(平成21)年に関東バスからの移籍車が初登場して以来、 早くも約5年が経過している。

2010(平成22)年6月1日に茨城オートのバス事業が茨城交通に統合され、 2005(平成17)年,2008(平成20)年に茨城オートに移籍していた元関東バスの2台もそのまま茨城交通へ再移籍となったことから、 元茨城オートへの移籍車から1台除籍となったのを除き2014(平成26)年11月現在で計10台が活躍を続けている。

当サイトではこれまで数ページに渡り茨城交通へ移籍した元関東バス車両について紹介してきたが、 このたび'14年現在の専用ページを新たに制作したので、 元関東バス車両の動向をご覧頂きたい。


※当ページに掲載の画像は、練馬急行様よりご提供頂きました。この場を借りて深く御礼申し上げます。
※車庫での画像は特別に許可を得て撮影を行ったものです。



■元関東バスE311,E312,E313→茨城交通「1037,1039,1041」

茨城交通1039(元関東バスE312) 窓より下の塗り分けが省略されて「らくがきバス」となっていた「1039」が、
"らくがき解除"された。
このほか行先表示機がLED化されて近代化が図られた。

元E312「1039」水戸駅北口 2014.10.10
(画像提供:練馬急行様)


2009(平成21)年11月に関東バスから除籍となった
元310代は、 3台全車が2010(平成22)年3月頃に茨城交通へ移籍したが、 最近になって多少の動きが見られた。

まず「1037」であるが、 外観は特に変化が見られないが茨大前から鯉渕へ転属となっている。

側窓より下が白色一色となり、 一時期「らくがきバス」となっていた「1039」は、 落書きが解除されたほか行先表示機がLED化され、 最近では鯉渕との共管系統の3系統「桜川西団地〜水戸駅〜浜田営業所」に入るようになった。

常陸太田駅の近くにある太田営業所へ配属された「1041」については、 60系統水戸太田線「浜田営業所〜水戸駅〜上菅谷駅〜増井車庫」に充当された際には水戸駅へ姿を見せていたが、 2014(平成26)年3月31日をもって上菅谷駅〜増井車庫に短縮されてしまった以降は消息確認が難しくなっている。 ただ、現在もそのまま健在の模様である。

移籍から5年が経過した2014(平成26)年12月現在では3台共に健在で、 移籍先での活躍が今後も続きそうな情勢となっている。

□茨城交通「KC-RM211GSN」配置(2014.12.1現在)

元E311「1037」茨大前→鯉渕
元E312「1039」浜田 らくがきバス解除 LED化
元E313「1041」太田


茨城交通1037(元関東バスE311) 行先幕が存置され、 '09〜'10年の事業者間移籍当初の姿をいまも保っている「1037」だが、
同車にもLED化改造が行われるのであろうか。

元E311「1037」水戸駅北口 2014.10.10
(画像提供:練馬急行様)



■元関東バスA1511,A1512,A1513,A1514,A1515→茨城交通「1035,1047,1038,1043,1046」

茨城交通1038(元関東バスA1513) このページのトップ画像である「1035」と共にLED改造された「1038」。
元関東バス車両のLED化は「1035,1038,1039,203J」の計4台となっている。

「1038」水戸駅北口 2014.10.10
(画像提供:練馬急行様)


先述の
元310代と同時期に関東バスを除籍となり、 2010(平成22)年3月に茨城交通へ事業者間移籍を果たした元1510代は計5台となっている。

このうち「1035,1038」の2台がそれぞれ茨大前、勝田から那珂湊へ転属となった。

茨城交通への近年の事業者間移籍車(中古車)はノンステップバスが主流となってきているため、 ツーステップ車である同車は玉突きによる押し出しと思われるが、 2012(平成24)年度に2台共行先表示機のLED化改造が施された。

ノンステップ車の台頭により、 茨城交通の中でも徐々に追われる身となりつつあるが、 いましばらくは活躍を続けるものと思われる。

□茨城交通「KC-LT333J改」配置(2014.12.1現在)

元A1511「1035」茨大前→那珂湊 LED化
元A1513「1038」勝田→那珂湊 LED化
元A1514「1043」大子
元A1515「1046」大子
元A1512「1047」太田



■元関東バスE305→茨城オート→茨城交通「203J」

茨城交通203J(元関東バスE305) 元E305が旧茨城オート時代の塗色でいまも活躍中である。

203J 浜田営業所 2014.10.10
(画像提供:練馬急行様)


2008(平成20)年7月に関東バスから引退となったE305が茨城オートへ移籍したが、 その後2010(平成22)年6月1日に茨城オートのバス事業が茨城交通に統合され、 そのまま茨城交通へ再移籍となったのが「203J」である。

旧茨城オートからの生き残りである「203J」が、 統合元の茨城交通へ渡った元関東バス車両と再び同僚となり、 2014(平成26)年12月現在も旧茨城オート塗色のまま活躍を続けている。

専ら1系統「水戸駅〜桜川車庫〜鯉渕営業所」で活躍していた同車は、 LED化されてからは3系統「桜川西団地〜水戸駅〜浜田営業所」にも入るようになった点が特筆される。

□茨城交通「U-RM210GSN」配置(2014.12.1現在)

元E305「924」鯉渕 LED化


茨城交通203J車内(元関東バスE305)
前後扉のため座席が整然と並ぶ様も関東バスからは見られなくなったため、
今では懐かしさすら覚える203Jの車内。

203J車内 2014.10.10
(画像提供:練馬急行様)


→関東バスから移籍した茨城交通車両に関する皆様からの画像や情報は、今後も引き続きお待ちしております。




元関東バスと茨城交通6Eの1382

関東バス→茨城オート→茨城交通の'95年式203Jと、
実に24年目となる'90年式の6Eである1382号車「P-RM81G」。 

浜田営業所 2014.10.10
(画像提供:練馬急行様)


■茨城交通移籍車に関するコンテンツ

→茨城交通へ渡った関東バス車両
(転用当時の車両資料や画像をまとめた特設ページです。)

→茨城交通へ渡った関東バス車両(茨城オート編)
(茨城オートから統合先の茨城交通へ再移籍した元関東バスについての専用ページです。)

→茨城交通へ渡った関東バス車両 2016
2016年に移籍した元900代情報と、'16年夏時点の最新状況について新規ページを制作しました。

→茨城交通へ渡った関東バス車両,詳細ルポ「310代編」
(元310代全車の転用改造中を追った貴重な画像があります。)

→茨城交通へ渡った関東バス車両,詳細ルポ「1510代編」
(元1510代についても同様に特別企画ページを開設し、転用された全車の画像を掲載しました。)

→元600代移籍の記録
(元600代についても多重移籍により茨城交通へ渡った車両があります。)




←EXIT


関東バス・アーカイブス「味わい」では、関東バスを除籍となり第二の活躍をする車両の写真を幅広く募集しております。
画像や情報のご提供については情報提供のページからよろしくお願いします。



関東バス・アーカイブス「味わい」 | 除籍車両の追跡調査まで戻る


※当ページに掲載の写真は全て、特別に許可を得て撮影しております。
※画像の著作権は撮影者である6621様に帰属します。また画像や当サイトの資料を無断使用することや二次加工を一切禁止します。
※画像は著作権保護のための処理を行っております。

Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is strictly prohibited.
Copyright(c)Ajiwai. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system