福島交通1080,元関東バスE1010

元関東バス車両「その後」追跡調査

福島交通へ渡った関東バス車両



2008(平成20)年に関東バスから除籍となった車両2台の並びが見られた。 

福島交通(左)「1095」元E1009,(右)「1098」元A211 郡山駅前 2017.4.22
(画像提供:C3408様)



今まで三菱車ばかりで埋め尽くされていた福島交通に、 突如関東バスから日産ディーゼル車である元1000代「KC-JP250NTN改」が移籍したことは、 大変意外な出来事であった。

そして関東バスからは元210代「KC-RP211GSN改」も移籍、 合計4台が福島交通へ移籍を果たし、 第二の活躍を開始している。

その後は追加で元関東バスの車両は投入されていなかったが、 2016(平成28)年2月には元D804,D805,D807「KK-MJ26HF改」が福島交通旧平野車庫(福島高速バスターミナル)へ移動してきたことを確認、 今後転用改造を経て福島で活躍する姿が見られるかもしれない。

このたびは福島交通へ渡った元関東バス車両の専用ページを制作したので、 移籍後の姿をご確認頂けると幸いである。

※ご提供頂いた画像群は全て、公道上もしくは特別に許可を得て撮影を行ったものです。



■関東バスD804,D805,D807「KK-MJ26HF改」C808,C809「KK-MJ27HL」


元関東バスD804,D805,D807 '16年2月に入り、 丸山に配置されていたダックスフント:800代初期車が福島交通へやってきた。
元神奈中、元西東京バスに挟まれるように並んだ。

(左から)元D807,D805,D804 福島交通旧平野車庫(福島高速バスターミナル) 2016.2.21
(画像提供:AVE様)
元関東バスD804,D805,D807リア 留置中の元800代3台。
周囲には元都営バスの車両も見られる。

(左から)元D804,D805,D807 福島交通旧平野車庫(福島高速バスターミナル) 2016.2.21
(画像提供:AVE様)
元関東バスC808 17年に入ると元D804,D805,D807の姿は無くなり、 代わりにC808,C809が留置されていた。

元C808 福島交通旧平野車庫(福島高速バスターミナル) 2017.4.16
(画像提供:C3408様)
元関東バスC809 C808の前にはC809も留置されていた。

元C809 福島交通旧平野車庫(福島高速バスターミナル) 2017.4.16
(画像提供:C3408様)


関東バスを2015(平成27)年12月に除籍となった
元800代「KK-MJ26HF改」初期車のD804,D805,D807が、 福島へ来ていたことが判明した。

この3台が関東バスから事業者間移籍を果たせば約7年振りのこととなったが、 2017(平成29)年4月現在では元D804,D805,D807の姿は無くなっていた。 代わりに元C808,C809の2台が留置中となっていて、 今後の動向には引き続き注目である。

→関東バスから移籍した福島交通車両に関する皆様からの画像や情報を、引き続きお待ちしております。



■関東バスE1009,E1010「KC-JP250NTN改」→福島交通「1098,1080」


福島交通「1098」(元関東バスE1009) 福島交通で活躍する「1098」は、 五日市街道所属の元E1009であることが判明した。
画像は前面に「NORUCA」ステッカーの付いた直近の姿。

福島交通「1098」元E1009 郡山支社 2017.4.15
(画像提供:C3408様)
福島交通「1098」(元関東バスE1009) 「1098」のリア姿。

福島交通「1098」元E1009 郡山支社 2017.4.29
(画像提供:C3408様)
福島交通「1080」(元関東バスE1010) 元E1010の福島交通「1080」。
こちらは福島支社に所属している。

福島交通「1080」元E1010 福島駅東口 2014.3.31
(画像提供:AVE様)


関東バスでは1996~2008(平成8~20)年に活躍していた
元1000代「KC-JP250NTN改」のE1009,E1010が、 2009(平成21)年に福島交通にて活躍を開始していたことが判明した。

移籍した2台について現車調査の結果、 判明した元社番は以下の通りとなっている。

E1009→(福島200か10-98) 郡山支社常駐
E1010→(福島200か10-80) 福島支社常駐

外観は塗色変更はもちろん、 そして後部行先幕と側面の行先幕が後のり方式のために撤去された。
しかし代わりに、 中扉後部寄りの逆T字型窓の引き違い部分に小型の行先幕を新設されたため、 従前の窓配置により当該車両の出自が比較的容易に判別可能となっている。

その他は、 前扉上に扉用照明の追加も行われた。

その後は2011(平成23)年3月の東日本大震災や同年9月の台風15号による郡山支社の冠水など、 厳しい災害にも見舞われたが、 現在も活躍中となっている。

→関東バスから移籍した福島交通車両に関する皆様からの画像や情報は、引き続きお待ちしております。


DETAILS

元E1009「1098」

→「1098」形式写真(フロント:移籍当初の姿) (画像提供:ATB MODELS様)
→「1098」フロント(正面) (画像提供:C3408様)
→「1098」リア(正面) (画像提供:C3408様)
→「1098」サイドビュー(左側面) (画像提供:ATB MODELS様)
→「1098」サイドビュー(右側面) (画像提供:C3408様)
→「1098」リア(右側面) (画像提供:ATB MODELS様)
→「1098」コックピット (画像提供:C3408様)
→「1098」車内(前方から) (画像提供:C3408様)
→「1098」車内(後方から) (画像提供:C3408様)
→「1098」側面行先表示幕 (画像提供:C3408様)


元E1010「1080」

→「1080」形式写真(フロント) (画像提供:B5101様)
→「1080」フロント(左側面) (画像提供:ATB MODELS様)
→「1080」リア(右側面) (画像提供:ATB MODELS様)
→「1080」サイド後方(左側面) (画像提供:AVE様)


■関東バスA211,D212「KC-RP211GSN改」→福島交通「1095,1082」


福島交通「1082」(元関東バスD212) 福島市内で精力的に運用をこなす「1082」は、元丸山のD212である。
今でこそ4メーカーが出揃ってるが、移籍当初は三菱車ばかりの中での富士重ボディで異彩を放っていた。

「1082」福島駅東口 2010.7.31
(画像提供:B5101様)
福島交通「1095」(元関東バスA211) 元A211の福島交通「1095」。
こちらの画像は「NORUCA」標記の付いたごく最近の姿である。

「1095」郡山支社 2017.4.29
(画像提供:C3408様)


1996-97(平成8~9)年に導入された
元210代「KC-RP211GSN改」は、 大型短尺車ということもあり輸送力の問題から関東バスに所属していた時代から転属が相次いでいた型式である。

その後排出ガス規制強化に伴う使用可能最終日が設定され、 納車から丸13年を迎えた2008(平成20)年度には、 先輩である大型の3扉車が次々と延命試験を行う中で延命は行われず除籍が始まった。

そして2010(平成22)年3月1日に関東バスからは全て姿を消してしまい形式消滅となったが、 先述の元1000代「KC-JP250NTN改」と同様に2台が福島交通へ電撃移籍し、 各1台ずつが福島支社、郡山支社に常駐となり第二の活躍を開始したことは当時の話題となった。

移籍した2台について現車調査の結果、 種車は以下の通りとなっている。

A211→(福島200か10-95) 郡山支社常駐
D212→(福島200か10-82) 福島支社常駐

→種車特定に関する多くの情報ご提供をありがとうございました。

外観は塗色変更、後部と側面の行先幕が撤去された一方、 代わりに中扉の後寄りに小型の行先幕を設置、 前扉上に照明追加といった改修が行われている。

また元A211である郡山支社の「1095」については、 旧新宿バスロケシステムの車上子がそのまま残されているのが特徴だ。

このRP車については移籍当初から精力的に運用にこなす姿を確認しており、 現車は福島駅周辺や郡山駅周辺でそれぞれ捉えることができる。


DETAILS

元A211「1095」

→「1095」形式写真(フロント:移籍当初の姿) (画像提供:ATB MODELS様)
→「1095」フロント(正面) (画像提供:C3408様)
→「1095」型式写真(リア) (画像提供:ak-3cp様)
→「1095」サイドビュー(左側面) (画像提供:ATB MODELS様)
→「1095」コックピット (画像提供:C3408様)
→「1095」車内(前方から) (画像提供:C3408様)
→「1095」車内(後方から) (画像提供:C3408様)


元D212「1082」

→「1082」型式写真(リア) (画像提供:AVE様)
→「1082」フロント(右側面) (画像提供:ATB MODELS様)
→「1082」リア(右側面) (画像提供:ATB MODELS様)
→「1082」リア面 (画像提供:AVE様)
→「1082」サイドビュー(右側面) (画像提供:AVE様)
→「1082」サイド後方(左側面) (画像提供:AVE様)

→「1082」サイドビュー(転用改造中、右側面)
→元D212の「1082」は福交整備福島工場で転用改造を受けた。
→「1082」リア(転用改造中、右側面)
→'09.10.24時点の転用改造中の姿。
→「1082」リア(左側面)
→'09.11.6には福島交通向けに塗装変更して再び姿を見せた。

(画像提供上記3点共:蔦乃 譲様)


元関東バスの福島交通

郡山支社 2016.4.2
(画像提供:C3408様)





←EXIT


関東バス・アーカイブス「味わい」では、関東バスを除籍となり第二の活躍をする車両の写真を幅広く募集しております。
画像や情報のご提供については情報提供のページからよろしくお願いします。



関東バス・アーカイブス「味わい」 | 除籍車両の追跡調査まで戻る


※当ページに掲載の写真は全て、特別に許可を得ているか公道にて撮影しております。
※画像の著作権は撮影者に帰属します。また画像や当サイトの資料を無断使用することや二次加工を一切禁止します。
※画像は著作権保護のための処理を行っております。

Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is strictly prohibited.
Copyright(c)Ajiwai. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system